カテゴリ:修羅場



929:名無しさん@HOME:2012/07/30(月) 23:05:20.89 ID:O
下らなかった事だけど修羅場。 
文章苦手でフェイク混じりだから読み辛いかもしれない。 

嫁は味覚音痴でメシマズ。俺と子供が食べるものは嫁にとって不味くて、嫁が食べるものは自分にとって不味い。 
だから常に、嫁には先に(嫁曰く不味い)俺達の飯を作ってもらってから嫁が納得出来るものを作って食べる生活だった。 
そしてある日、嫁が茹でてあるデカいタコを丸ごと買ってきた。大体1キロで七千円くらいだったらしい。 
机に佇むタコを見て軽く心の中が修羅場。 
この記事の続きを読む



952:長いってさ。切ります。1。:2012/07/31(火) 01:47:45.35 ID:O
身バレするかは、とうの先生次第だから、知らない。 
高校生なりたての頃、小学生ひきつれた家庭訪問廻り中だったらしい先生に行き会った。 
担任だったことは一度も無かったが、明るく朗らかな男性教諭だったのを覚えてた。 
「お久しぶりです。ご無沙汰しております。」 
と会釈したが、無視。 

良い先生だと思ってたんだ。 
…そのときは。 
続きます。 
この記事の続きを読む


892:名無しさん@HOME:2012/07/30(月) 17:50:39.44 ID:0
ごく小さいけど 
実家暮らしの学生だが、就活終わったのをいいことに一ヶ月ほど家に帰らない時期があった。 
久々に帰宅して家に入ろうとしたら、玄関の鍵が開かなかった。 
キーは挿せるが、暗証番号がなぜか合わない。何度ピンポンを鳴らしても家族は起きてこない。 
疲れてるし、何か手順でも間違えてるのかと手元をライトで照らしつつ(深夜でした)、玄関先でそのままガチャガチャ数分格闘。 
この記事の続きを読む



882:名無しさん@HOME:2012/07/30(月) 17:24:03.92 ID:0
私の人生最大の修羅場 

昔、自宅に中年の金持ちそうな夫婦と弁護士を名乗る男性がやってきて、息子と別れてくれと言われた。 
よく聞いてみると当時お付き合いしていた男性のご両親らしい。証拠もあった。 
見たこともない大金積まれて頭下げられた。 
でもそれどころじゃなかった。 

だって彼に数ヶ月前に紹介された母親と違う人だぞこの人 
この記事の続きを読む



834:名無しさん@HOME:2012/07/30(月) 10:46:04.28 ID:0
今、私の脳みそがプチ修羅場。 

中学生と幼稚園児の息子がいるんだけど、 
最近よくYouTubeでゲームの動画をみてたりする。 
リビングと夫の部屋にパソコンがあって、 
夫の部屋のパソコンは、アカウント切り替えで子供達が使えるようにしてある。 
(パスワード設定して、夫のアカウントにアクセスできないようにしてある) 
この記事の続きを読む



925:名無しさん@HOME:2012/07/30(月) 23:01:31.00 ID:0
20年前の話。 

小学生生活半ば頃、通信簿をほぼオール3・オールBにされたことがある。 
当時テストは全部100点、都道府県単位で順位が出るテストでもいつも一桁台だったし、 
教師の父に厳しく言われていたので提出物も授業態度も問題なしだったのね。 
それまではほぼオール5だったのに、いきなりオール3。 
渡された時の衝撃は今でも忘れられない。 
頭が真っ白になってるときに、担任に「ショックでしょう。そのショックが大事なの。」と笑顔で言われた。 
この記事の続きを読む



939:名無しさん@HOME:2012/07/30(月) 23:53:31.42 ID:0
を見て思い出した修羅場。ちょいフェイクあり。 
やはり20年ほど前、小学生の頃いじめにあっていた。主犯は女子二人、二人とも片親家庭。 
罵倒、暴力、所持品の横取りや破壊、階段から突き落とされたり 
留守中に家に入り込まれ、飼っていたインコを殺されたりもした。 
すべて本人たちがヘラヘラ笑いと共に認めた事もあり、学校を巻き込んでの騒動になったが 
当時はいじめに対する認識も甘く、対応したのは担任だけで 
その担任が主犯二人の肩を持った。理由は、自分も片親家庭で育ち苦労した、両親揃って大切にされている子を妬ましく思うのは理解できる、らしい。 
この記事の続きを読む



921:名無しさん@HOME:2012/07/30(月) 22:36:40.44 ID:0
田舎の祖父母が亡くなり、家を処分しに行った。 
母屋の他に、父達が子供の頃使っていた離れがあって 
農具をしまう納屋に、後で二階を乗せた作りで鉄の外階段がついてた 
屋根も無いむき出しの階段で、20年くらい放置されていたせいか、錆まくっていた。 
父が学生の頃の本があるかも、と言うので探検気分で階段を昇った。 
ミシッと音がして、振り向くと壁と階段の間に地面が見えた。 
あれ?と思っているうちに、壁に亀裂が入り、階段が左右に揺れた。 
必死で手すりにしがみつくと、手すりが折れた。 
この記事の続きを読む



825:名無しさん@HOME:2012/07/30(月) 02:58:35.41 ID:0
キチガイ刃物はマジやばい 

中1のころ、母が台所で料理中、となりのキチガイババァが包丁もって 
「殺してやる!今日こそは殺してやる!」 
って乱入してきた 

母、二階で昼寝してた弟(幼稚園児)を放置して全力ダッシュ逃げ、 
そして火事、私が帰ってきたときには家から黒煙ふきまくってた 
この記事の続きを読む



769:名無しさん@HOME:2012/07/29(日) 14:55:28.94 ID:0
空気は読めない。 

今から10数年前の真冬のこと。 
一人暮らしのアパートに、深夜1時も過ぎた頃にチャイムが鳴る。 
ドアスコープから見ると当時付き合っていた彼が立っていた。 
しかもTシャツ姿で。 
驚いてドアを開けると、ボロボロのTシャツ1枚“しか”身に着けてなかった。 
彼は、とりあえずタクシー代を払ってほしいと私に言う。 
どうやらその姿でタクシーに乗って来たらしい。 
タクシー代を払って、彼を家に入れて事情を聞くと、“奥さん”と大喧嘩してその姿で追い出されたと。
奥さんだなんて、私知らない。聞いてない。 
そこが私の第一の修羅場。 
この記事の続きを読む

このページのトップヘ